ビジネスシーンで欠かせない名刺入れ

名刺入れを、あまり何の考えもなしに、適当なものを選んでいる人も少なくないと思います。
でも名刺入れは、ビジネスシーンで、初対面の相手とあった時にまず取り出す、重要なものなんですね。

どのような名刺入れを持っているかは、相手が自分に持つ第一印象を左右することにもなります。
ですからデキる男は、きちんとした名刺入れを持つことが大事です。

30代で持ちたいオススメの財布でもお話ししましたが、きちんと選んで持つことが大切です。
デキる男はどんな名刺入れを持ったらいいのかまとめてみました。

これから名刺入れの購入を検討している方の、参考になりましたら幸いです。

「相手にどんな印象をもってもらいたいか」が大事

名刺入れを選ぶ際、まず大事になることは、それを取り出して相手の目の前に出した時、
「相手にどのような印象をもってもらいたいか」
を考えることになります。

名刺入れは、自分の第一印象を大きく左右しますから、どのような印象を相手に与えたいかを考えることが、逆に重要になる訳です。

一般の会社員なら、あまり奇抜なものを持つことはできないと思います。
革製の、黒か茶色の名刺入れが、やはり基本になるでしょう。

ただその場合でも、安物の名刺入れは避けたほうがいいですね。
多少見栄を張ってでも、それなりの値段がするものを買うようにするのがオススメです。

会社員以外の人なら、名刺入れの選択肢はもっと広がると思います。

例えばクリエーターなら、インパクトのある、おしゃれな名刺入れを持つのもいいでしょう。
敏腕営業マンなら、思い切って高級な名刺入れを持つことで、自分の稼ぎをアピールすることもできます。

このように名刺入れは、「相手に与える印象」を考えることで、適切なものを選ぶことが出来るようになります。
ただ自分の好みだけで選ぶと、名刺入れに関しては、あまり良い結果を得ることはできません。

名刺入れが相手に与える印象は?

名刺入れには、さまざまな「見た目」があります。
名刺入れの見た目は、相手に与える印象を左右する重要な要素ですよね。

そこでこの名刺入れの見た目により、相手にどのような印象を与えるようになるのか、ここでまとめてみました。

派手な名刺入れの印象は?

名刺入れを、「派手なものにする」のは、相手に強い印象を与えるためにはオススメの方法となります。
多くの人は、黒や茶色の無難な名刺入れを使っていますから、そこであえて、派手な名刺入れを使うと、相手は「おっ」と驚きます。

さらに相手を驚かせることにより、話のネタにすることが出来るのも、派手な名刺入れのポイントです。
「いや私もこんな名刺入れを持っていて・・・」
などと、エピソードの一つも披露するといいかもしれません。

ただ派手な名刺入れは、気をつけないと、
「こいつ、仕事をなんだと思っているんだ」
と、相手に不信感を抱かれかねません。
やり過ぎない事が必要ですね。

高級な名刺入れ

名刺入れを、思い切り高級なものにするのも、相手にインパクトを与えるための一つの方法だと言えると思います。
高級なものは、やはり威圧感がありますから、相手が怯むところがありますね。

またビジネスツールにお金をかけると、いかにもその人が「デキる人」という印象を与えることにもつながります。
さらに派手な名刺入れと同様、高級な名刺入れは、話のネタにもしやすくなります。

ただ高級すぎる名刺入れは、イヤミな印象を与えることになりかねません。
また派手な名刺入れと同様、「仕事と遊びを取り違えている」と思われかねない危険もあります。

高級な名刺入れは、どのようなものを選ぶかについて、紙一重のところもあると思います。

シンプルな名刺入れ

シンプルな名刺入れを持っていると、無難で真面目な印象を与えることができることになります。
無難ですから、マイナスイメージを持たれることもありません。

ただあまりに無難すぎるものだと、印象に残らないのが欠点です。
また無難ですから、話のネタにもなりませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です