ビジネスシーンで欠かせない名刺入れ

名刺入れを、あまり何の考えもなしに、適当なものを選んでいる人も少なくないと思います。
でも名刺入れは、ビジネスシーンで、初対面の相手とあった時にまず取り出す、重要なものなんですね。

どのような名刺入れを持っているかは、相手が自分に持つ第一印象を左右することにもなります。
ですからデキる男は、きちんとした名刺入れを持つことが大事です。

30代で持ちたいオススメの財布でもお話ししましたが、きちんと選んで持つことが大切です。
デキる男はどんな名刺入れを持ったらいいのかまとめてみました。

これから名刺入れの購入を検討している方の、参考になりましたら幸いです。

「相手にどんな印象をもってもらいたいか」が大事

名刺入れを選ぶ際、まず大事になることは、それを取り出して相手の目の前に出した時、
「相手にどのような印象をもってもらいたいか」
を考えることになります。

名刺入れは、自分の第一印象を大きく左右しますから、どのような印象を相手に与えたいかを考えることが、逆に重要になる訳です。

一般の会社員なら、あまり奇抜なものを持つことはできないと思います。
革製の、黒か茶色の名刺入れが、やはり基本になるでしょう。

ただその場合でも、安物の名刺入れは避けたほうがいいですね。
多少見栄を張ってでも、それなりの値段がするものを買うようにするのがオススメです。

会社員以外の人なら、名刺入れの選択肢はもっと広がると思います。

例えばクリエーターなら、インパクトのある、おしゃれな名刺入れを持つのもいいでしょう。
敏腕営業マンなら、思い切って高級な名刺入れを持つことで、自分の稼ぎをアピールすることもできます。

このように名刺入れは、「相手に与える印象」を考えることで、適切なものを選ぶことが出来るようになります。
ただ自分の好みだけで選ぶと、名刺入れに関しては、あまり良い結果を得ることはできません。

名刺入れが相手に与える印象は?

名刺入れには、さまざまな「見た目」があります。
名刺入れの見た目は、相手に与える印象を左右する重要な要素ですよね。

そこでこの名刺入れの見た目により、相手にどのような印象を与えるようになるのか、ここでまとめてみました。

派手な名刺入れの印象は?

名刺入れを、「派手なものにする」のは、相手に強い印象を与えるためにはオススメの方法となります。
多くの人は、黒や茶色の無難な名刺入れを使っていますから、そこであえて、派手な名刺入れを使うと、相手は「おっ」と驚きます。

さらに相手を驚かせることにより、話のネタにすることが出来るのも、派手な名刺入れのポイントです。
「いや私もこんな名刺入れを持っていて・・・」
などと、エピソードの一つも披露するといいかもしれません。

ただ派手な名刺入れは、気をつけないと、
「こいつ、仕事をなんだと思っているんだ」
と、相手に不信感を抱かれかねません。
やり過ぎない事が必要ですね。

高級な名刺入れ

名刺入れを、思い切り高級なものにするのも、相手にインパクトを与えるための一つの方法だと言えると思います。
高級なものは、やはり威圧感がありますから、相手が怯むところがありますね。

またビジネスツールにお金をかけると、いかにもその人が「デキる人」という印象を与えることにもつながります。
さらに派手な名刺入れと同様、高級な名刺入れは、話のネタにもしやすくなります。

ただ高級すぎる名刺入れは、イヤミな印象を与えることになりかねません。
また派手な名刺入れと同様、「仕事と遊びを取り違えている」と思われかねない危険もあります。

高級な名刺入れは、どのようなものを選ぶかについて、紙一重のところもあると思います。

シンプルな名刺入れ

シンプルな名刺入れを持っていると、無難で真面目な印象を与えることができることになります。
無難ですから、マイナスイメージを持たれることもありません。

ただあまりに無難すぎるものだと、印象に残らないのが欠点です。
また無難ですから、話のネタにもなりませんね。

オススメのファッションアイテム

大人の男性の身だしなみ、必要なものを見ていきましょう。

腕時計

私が腕時計を選ぶ基準は、普段身に着けていて気にならないことです。気にならないというのは、例えば雨が降ってきたときや、どこかにぶつけたときに大丈夫だろうということです。
生活防水でタフなものが良いです。

以前は言わずと知れたタフネス腕時計のG-SHOCKを着けていました。社会人になってからもずっとそうでしたが、フォーマルな場面ではさすがに少しゴツすぎるのが難点でした。

当時のG-SHOCKは2万5000円くらいのものでしたが、どれだけ着けていても傷も故障も気になりませんでした。何年経っても無傷な姿には、さすがにすごいなと思います。

ただ、やはり難点のゴツさをどうにかしたかったのです。G-SHOCKシリーズの違うものも考えたのですが、どうせなら新しいものを考えてみようと思い探してみました。

いろいろと見てみたり評判を聞いてみた結果、たどりついたのはハミルトンでした。

今使用しているのはハミルトンのカーキです。フォーマルな場面でもすっきりとしていて、スタイリッシュで格好も良いです。

防水性能に関してはG-SHOCKには劣りますが、それでも十分な性能です。タフソーラーではなく自動巻きなので、多少慣れるのに時間がかかりましたが、慣れると便利だと思います。

普段はカーキを使っていますが、G-SHOCKはキャンプや耐久性重視のときに使っています。

適材適所と言いますが、いくつか持っていると選べて良いですね。

今のカーキは値段的にも8万円くらいでしたので、大事に使い続けたいと思います。

革靴

靴にもかなりこだわりがあります。

主にシンプルなものが好きなのですが、靴は絶対に革靴と決めています。なんといってもそのシルエットが大好きです。

革靴といってもとても種類がありますが、私が好きなのはトレッキングシューズです。好きなブランドはレッドウィングで新品なら30000円ほどします。一度は靴屋で見たことがあると思います。

私はレッドウィングをジーンズと合わせて着こなしています。トップはなんでいいのですがズボンはジーンズと決めています。なにより後ろから見た時のシルエットがとても綺麗ですしもちろん機能的にも優れています。

私は写真を撮りに行くことが趣味なのでよく山や海に行ったりします。もちろん実際に地面に足を付いて歩き回ります。そんなことをしていると普通のシューズではすぐにボロボロになってきます。

しかし革靴ですとそのような所へ行ってもかなり丈夫にできているので全然大丈夫です。

もちろん小さな傷などは付きますが、クリームを塗ってお手入れをしてあげるとすぐに新品みたいになります。その傷ついた感じもとてもよくこの靴にはお似合いです。自分の使ってきた歴史を物語っているようでもあります。

レッドウィングは何種類か持っていますが、色味は特にこげ茶が好きです。

なんといってもジーンズとの相性もバッチリです。他にも茶色や赤茶色黒色も持っています。基本的に渋めの色合いが多いですがその一つ一つが味を持っていて男ならではの靴ではないでしょうか。

これからも私はこの革靴と一緒に色々な場所へ行ってみたいです。

万年筆を持つということ

万年筆とボールペンとの違いはたくさんありますが、最大のものは、
「万年筆は1つのペン先と長年付き合う」
ことだといえるのではないでしょうか。

ボールペンの場合には、インクがなくなればペン先ごと新しいものと交換します。
これはボールペンはその構造上、インクを補充することができないからです。
それに対して万年筆は、ペン先を取り替えることなくインクを補充できますから、同じペン先を長年使うことになります。

万年筆のペン先は、使い続けるうちに、使う人の書きグセにより余分なところがすり減って、使う人に合った、書きやすいものになっていきます。
ですから長年愛用した万年筆は、自分だけの1本となり、手放せなくなるといわれます。
万年筆を人に貸したりするのは、その人の書きグセが付いてしまうことになりますから、あまりオススメできません。

またボールペンが直角に近い角度で書くのに対し、万年筆は横に寝かせて書くことになります。
ですからボールペンと、文字の書き方自体が異なってきますが、万年筆はほとんど筆圧を加えなくても、万年筆自体の重さだけで、十分文字を書くことができるようになっていますから、長時間書いていても疲れません。

そのためたくさんの文字を書く必要がある作家や司法試験の受験生が、多く愛用しています。

ただ多くのメリットを持つ万年筆も、インクを補充したり、時々洗浄したりのメンテナンスが欠かせないのはデメリットだといえるでしょう。

それらメンテナンスの苦労も、万年筆を愛用するようになると、楽しみの1つに変るかもしれません。

万年筆を使う時

万年筆は、以前は筆記用具の中心的存在でした。
正式な書類や、契約書へのサインなどは、万年筆で書くもので、ボールペンなどは事務専用と位置付けられていました。
ところが現在では、パソコンやワープロが登場し、状況が大きく変わりました。

多くの文書がパソコンやワープロにより作成されるようになり、手書きで文字を書くのは手続書類くらいという人も、現在では少なくないかもしれません。

ただ現在でも、万年筆が筆記用具の中心的存在であることは、昔と変わりません。
履歴書は現在でも、万年筆で書くのが正式だといわれています。

また万年筆の特長として、
「長時間書いても疲れない」
ことがあげられます。

万年筆は、筆圧をまったくかけなくても、万年筆の重さだけで文字が書けるようになっています。
ですから現在でも、作家や司法試験の受験生など文字を多量に、長時間書く必要がある人は、万年筆を愛用することが少なくありません。

パソコン中心の時代になっても、手書き文字の大切さはなくなりません。
その代表が、「手紙」でしょう。

仕事で使う業務用の手紙などは、パソコンで作成することがほとんどとなっていますが、個人に対する私信は、やはり今でも、手書きに勝るものはないでしょう。
手書きの手紙は、単に文章の内容だけでなく、その筆跡からも、書き手の気持ちを伝えることになります。

手紙を書くのに万年筆を使うことは、現代ではオススメの万年筆の使い方の1つといえるのではないでしょうか。

AGAを改善するために

皆さんの中には、「せっかく通販で育毛剤を購入したのに以前と変わらない!」方や、「全く変化がなくて騙された!」と憤慨している方もいませんか?

実は私たちが通販で購入できる育毛剤には「育毛を助ける」働きはありますが、AGA対策にはならないんです!

ではAGA対策には何が一番良いと思いますか?

それは皮膚科やAGA専門クリニックにかかり、自分の症状に合った治療と発毛剤を処方してもらうのが一番です。

ここではなぜ日本の育毛剤はAGA対策にならないのか、その理由を説明し、クリニックの利点を紹介します。

AGAとは

まず、最初にあなたが本当にAGAなのかどうかを知ることが大切です。
そのためには、下記に記す診断基準に当てはまっているかどうか、確かめてください。

AGAとは、男性型脱毛症と呼ばれる脱毛症の一種であり、男性ホルモンの一種であるテストステロンから派生したジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれるホルモンが関与した遺伝性脱毛症です。
DHTは、髪の毛の毛包(hair follicle)上に存在している受容体と結合し、毛を太くさせる成長期を阻害し、その期間を短くさせる働きがあります。

成長期が短くなった結果、毛包自体が小さくなってしまい、以前のような健康な太い髪を作れなくなります。
さらに、縮小した毛包は新しい毛を作る力がなくなり、「発毛」できなくなります。

日本人は3割がAGA、40代から増え始める

米国では70歳以上の白人男性においては80%以上の人がAGAだといわれており、女性では男性の約半分にあたる40%の人がAGAといわれています。

日本人では約3割の人がAGAといわれています。

※出典URL:http://www.merckmanuals.com/professional/dermatologic-disorders/hair-disorders/alopecia※

また、40代以上での発症が多いですが、発症年齢は思春期ならばどの年齢にも可能性があるため、10代後半から20代前半でAGAと診断される方もいます。

※画像URL:http://www.harg.org/aga※

AGAには様々な脱毛タイプがありますが、男性では思春期以降前頭部から頭頂部にかけて薄毛になり、脱毛症が進行していきます。
※画像URL:http://www.merckmanuals.com/professional/dermatologic-disorders/hair-disorders/alopecia※

AGAの診断基準とは?

診察は問診と視診から始まりその後、血液検査や遺伝子検査など進んでいきますが、問診と視診だけで診断される患者さんもいます。

日本では、日本人特有の脱毛症も含めた「高島分類」という世界診断基準と、日本人特有診断基準を組み合わせて診断します。

診断は多岐にわたり、全てをチェックし自己判断するのは難しいのですが、大まかな診断基準はこちらです。

・両生え際から2cm後退するかまたは、頭頂部に後退がみられる
・全体の毛髪表面積のうち、約2割以上が元の他の太い毛よりも細毛か薄毛である
・思春期が始まってから急に抜け毛が進行している
・家族に脱毛症(禿げている)の人が多い
・頭頂部分だけが年々薄くなってきている

※参照:高島分類 https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/guideline/1372913421_2.pdf※
※http://www.aafp.org/afp/1999/0415/p2189.html※

ではここで、なぜ日本の育毛剤ではAGAを治すことまでいきつかないのか説明します。

日本の育毛剤がAGAに効かない理由

理由1: 日本の育毛剤は「医薬品」ではない!

医薬品とは、「日本厚生労働省の認可を受けた薬」であり「治療または予防目的で使用され、医師によってその容量、使用法などは管理され、動物や人の器官や機能に作用する効果が認められたもの」をいいます。

一方、医薬部外品とは、医薬品と健康食品の中間に位置するものであり、人体に対する作用が強くないものをいいます。

実は日本の市販育毛剤は、ほとんどが「医薬部外品」であり、有効成分の含有濃度が治療できる範囲まで達していないものもあり、AGAを治すところまで至らないのです。

日本では、本当に効き目がある医薬品はクリニックで医師の診断がなくては手に入りません。

一方、アメリカの市販育毛剤は薬事法の違いにより、20年以上も前からミノキシジルなどはスーパーなどで売られています。

アメリカの場合、医薬部外品でも、アメリカ人の標準体重を基準にしていて含有量が多いため、日本のものに比べれば効果が高いと思われるものもあります。
しかしながら日本の医薬部外品と同様、エビデンスが確立されていないものもあり、一概におすすめできません。

また、医学部外品では、医薬品のように臨床試験が厳密に行われていないものも存在するという危険性もあります。

※参照URL:http://www.aafp.org/afp/2009/0815/p356.html※
※http://www.aafp.org/afp/1999/0415/p2189.html※

理由2: 「5αリダクターゼ阻害剤」以外の有効成分になっている

自分がAGAと分かれば、その原因は5αリダクターゼから代謝によってできたジヒドロテストステロン(DHT)が髪の毛に作用していることは分かります。

そのため、日本皮膚科医師会では、現在AGAに有効とされるものは5αリダクターゼ阻害成分が含まれたフェナステリドなどの数種類がありますが、一般では購入できません。

※出典URL:http://www.merckmanuals.com/professional/dermatologic-disorders/hair-disorders/alopecia※
※https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/guideline/1372913421_2.pdf※

しかし市販育毛剤は、学会では正式に効果が認められていない、「IGF-1」や「FGF-7」などの新しい有効成分を打ち出しているものがあります。

「IGF-1」は未だ未知の領域!

IGF-1は、インシュリンに似た構造をもつポリペプチドで、成長ホルモン刺激ホルモンによって肝臓から分泌され、細胞成長やDNA合成などをコントロールします。

成長ホルモンや細胞成長の観点から、髪の毛にも有効ではないか、と話題になりましたが、正式なデータはまだ出ていませんので、AGAが治るとは現時点では断言できません
(研究では、まだ神経細胞しか著しい効果はみられておらず、髪の毛への効果は今の段階では確実とはいい切れません)。

※出典URL:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9483550※

「FGF-7」は臨床試験の被験者の数が少なすぎる

FGF-7は、多機能性シグナル分子といわれ、KGF因子ともいわれます。

様々な情報を細胞間で伝える役目をすると考えられているため、髪の毛の細胞にも作用し、細胞分裂や増殖をくり返すため、育毛や発毛に有効な因子といわれています。

海外では、一定の効果が実証されつつありますが、被験者は少なく安定した結果ではありません。
また効果が実証されたのは日本人ではないため、日本人に合うか分かりません。

※出典URL:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1869891/※

理由3: 漢方薬が主成分になっている

漢方薬は自然の生薬などといわれているため、AGA治療には効果がありそうです。

しかし、明確な臨床実験の結果、AGA治療に有効であるといわれているものは現在ありません。

そのため、育毛・発毛のサポートになるのかもしれませんが、治療には直接効果がないという結果が出ています。

※出典URL:https://medicalnote.jp/contents/150629-000004-HDWOGQ※

○理由4: サプリメントも出ている
サプリメントは栄養補助食品であり、血流改善や栄養補助により、発毛促進という二次的な効果はありえますが、それで直接AGA治療にはなりません。

※出典URL:https://medicalnote.jp/contents/150629-000004-HDWOGQ※

クリニックに行くべき3つの理由

1.専門家による的確な「診察・考察・診断」

クリニックでは「男性型脱毛症診療ガイドライン」という、日本皮膚科学会が推奨している最も効果のある治療ガイドラインにより、効率よく安全に治療できます。

またクリニックでは、頭皮を視る専門のマイクロスコープなど、検査機材も豊富です。

「pull test(髪の毛の強度を調べる検査)」や「pluck test(50本程の髪の毛を抜き、その毛根の状態をマイクロスコープで診察し、AGAの進行状況などを調べる検査)」、「Scalp biopsy(頭皮の生体組織診断)」など、様々な検査を受けることができ、詳しく調べられます。

これらの検査により、「そもそもAGAなのか」を診断でき、実はAGAでなく他の原因のために脱毛症になっている場合も治療してもらえます。

2.豊富な医薬品の種類

クリニックの治療では、「医薬品」によりAGA治療をします。

AGA治療のための医薬品は上述した「フェナステリド」などが主流です。

クリニックであれば内服薬も処方でき、限定された効果しか望めない外用薬より効果が倍増です。

新薬が出た場合にも、クリニックならば臨床実験によりエビデンスが確立された医薬品が使用できます。

またAGAクリニックでは、専門医師が治療データを元に数種類の薬を組み合わせたり、独自の調合薬を治療に使用しているクリニックもあります。

治療薬を組み合わせれば、AGA治療の効果もブーストされます。このような取り組みは、専門クリニックならではです。

3.何かあった時のサポートの安心感

医薬品だけでなく、医薬部外品でも、薬で一番怖いのは副作用です。

薬の副作用により、健康な人であっても、長期に渡り使用したり、また持病がある場合には、心臓・肝臓・腎臓などに影響が出る恐れがあります。

その点、医師から処方されたものであれば、その副作用は医師が把握しているため、何かあった時は直ぐに診察してもらえ、副作用がひどくならないうちに治してもらえるので安心です。

急に体調が悪くなった時なども、処方した医薬品に関することであれば、AGAクリニックの医師が的確に対応できるので、これも心強いです。

以上のような結果から、AGAは市販の発毛剤を購入するよりも、クリニックへ行って処方してもらった方がいくつもメリットがあります。

「AGAは治る!」とどこのクリニックでもいわれている通り、決して悲観するような結果にはならないと思います。
どうか一度クリニックを受診してみてください。

フォルクスワーゲン「ゴルフ」

私が長年ずっと乗っている車は、フォルクスワーゲンのゴルフです。今、乗っている車も何代目かのゴルフで、
古くなったり、モデルチェンジする度に同じタイプの車に乗り換えてきました。

長年乗っていると、他の車に変えてみようかと思う事もありますが、どうしても他の車を利用する気にはなりません。
何故なら、ゴルフが私のライフスタイルの一部にすでになっているからです。

この車の全てが好きです。
何年も乗っていると、作られた時代によって、多少、外観やデザインが変わる事があります。

でも、いつもテーマが統一されていて、この頑固なまでの一貫性に惚れ込んでしまったのです。
しかも、外観のデザインはいつも格好良く、その性能は衰える事を知りません。

一度、ゴルフに乗って高速道路などをドライブすると、運転技術をカバーしてくれるだけの安全走行を必ず約束してくれます。
何よりも安全性を重視した設計はずっと変わらないこの車の特徴です。

又、私個人の感想ですが、この車は本当に可愛いです。

何処に行こうと、その町並みにマッチし、又、乗る人を選びません。
いわば、女性のファッションと一緒です。何処に行くにもそれなりに似合い、着ている人を選ばない。そんな不思議な車でもあります。

そんな車に出会えたのも、ほんの偶然が重なったからでした。
大学を卒業し、就職した私は、どうしても自分で運転する自分だけの車が欲しくなりました。

でも、新車を購入するだけの貯金もなく、運転技術も未熟だった事から中古の車を購入する事にしました。
当時は、中古車情報が今ほど充実していなかったので、予め自分で調べる事ができませんでした。

なので、仕方なく自分で中古車ショップに行き、直接車を見てから購入する事にしました。

どの車にしようかと思い、うろうろしていた時に、ふと目に付いたのがゴルフだったのです。
その車は、中古車ではありましたが、まるで新車の様な輝きを持って私の前に姿を現しました。

そして、私は吸い込まれる様に、その車を購入してしまったのです。
その当時の事は、今でもはっきり覚えています。購入する手続きが全て終了すると、早速運転してみました。
あの時は、本当に気持ちが良かったです。一人でこっそり隠れて食べたおやつの様な味わいでした。

その車を数年利用して、今度は資金を貯め、新車のゴルフを買いました。
今度は、誰の物でもなく自分だけの車だと言う自覚が生まれて、車を運転する度に、優越感に浸ったものでした。

その気持ちは今でも色褪せる事なく、私とともに歩んで行く事だと思います。

30代で持ちたいオススメの財布

男性も30代を超えてくると、ある程度社会的な責任感や信用もつき、若者のお手本になるべく意識が変わる頃ではないでしょうか。

30歳を超えたら持って欲しいアイテムの1つが、ビジネスシーンでも大活躍する『本革』の財布です。高級感があり、『洗練された大人の男性』を演出してくれます。

素材の選び方

主に財布に使われる本革には、牛革(カーフ、ベビーカーフなど)や、羊(ラムスキンなど)、豚(ピッグスキン)などがあります。それぞれの素材の特徴について、比較してみます。

本革(天然皮革)の種類

天然皮革とは、牛や羊などの皮膚を生のままなめしたものをいい、吸湿性・防湿性・保湿性があり、耐久性もあるため、長く使えば使うほど手に馴染んで風合いが出てきます。

ただし、汚れや湿気には弱い面が欠点です。

牛革(カーフ)

高級素材として名高いカーフは、生後6ヶ月以内の仔牛の革のことです。とてもキメ細かく、触り心地がなめらかで、傷も付きにくいです。また、牛革素材は組織が密で、部位による差も少ない為、皮革の最高素材とされています。

また、カーフの中でも更に高級で柔らかいベビーカーフや、生後3~6ヶ月の仔牛の革にクロームなどのコーティングを施した傷のつきにくいボックスカーフなどがあります。

羊(ラムスキン・シープスキン)

ラムは仔羊、スキンは小形動物の皮を指します。羊革はもともと柔らかくて毛穴が目立たず、キメ細かいのが特徴です。生後1年以内の羊革はラムスキン、1年以降はシープスキンと大分されます。

ラムスキンの感触は数ある皮革素材の中でも群を抜いてなめらかです。革とは思えないくらい柔らかいため、シルクにも例えられることもあり、一度触ったら虜になる気持ちよさです。

豚(ピッグスキン)

欧米で高級素材とされるピッグスキンとは豚革のことです。豚革は耐摩耗性に優れており、丈夫で雨にも強いです。牛革はオイルが抜けると硬くなるのに比べ、豚革はしっかりとしており、他の革より丈夫で長持ちします。

上記の特徴から、耐久性で選ぶならボックスカーフやピッグスキン、馴染みのよさや質感で選ぶならラムスキンなど、好みに合わせて素材を選んでみてはいかがでしょう。

本革のお手入れ方法

どの革素材も、お手入れで一番大切なのは、防水保護をしてあげることです。ヌメ革や起毛皮革など色々な種類のデリケートな革に使える防水スプレーは水に濡れても水がしみこみにくくなる優れものです。

財布のお掃除は、日頃のちょっとした汚れならさっと拭くだけで落ちますが、もっと丁寧にしたいときは柔らかい布でほこりを拭き取った後にクリームを塗ってお手入れをします。

クリームは、水と油とロウが配合された皮革用クリームを使ってください。種類がたくさんありますが、デリケートクリームを選ぶのがおすすめです。

デザイン(造り)の比較

お財布のデザインは、主にお札が折らずに入る「長財布」と、長財布の半分程度のサイズに収まる「二つ折り財布」に分かれます。

長財布のメリット・デメリット

お札が折らずに入る、カード収納が多い、小銭が取り出しやすいなどのメリットがある反面、小さいバッグやポケットに入らないというデメリットもあります。

二つ折り財布のメリット・デメリット

コンパクトで持ち歩きやすい事が何よりもメリットとなりますが、コンパクトな分、収納が少ない点はやはりデメリットにもなります。 せっかくスマートなフォルムの財布でも、カードや小銭で丸くなってしまうと「大人の男性」から遠のいてしまうので、注意が必要です。

オススメ3選

今回は比較的「大人」な印象を与えやすい長財布+3万円台で入手できる商品に注力し、おすすめを3つ紹介します。

dunhill (ダンヒル) L2PA10A ウインザー長財布

イタリア産まれの高級ブランドとして、スーツやビジネス用品の印象が強く、まさに「大人の男性」のイメージがあるブランドの1つです。

ブラックカラーにシンプルですっきりとしたデザインと、肌触りのよい上質カーフレザーが高級感漂う大人のスタイルを表現してくれます。さりげなく素材全体にモノグラムを施し、嫌味なくブランドとしての雰囲気を演出してくれます。収納も多く使い勝手も抜群です。(参考定価32,400円)

ホワイトハウスコックス S1799 LONG WALLET/BRIDLE

英国の伝統的かつ希少なブライドルレザーを扱う代表的なブランドです。イングリッシュブライドルレザーは、ホワイトハウスコックスが長い時間をかけ、素材のよさを引き出しています。

約10週間、タンニンでなめしてから天然染料を時間をかけ丁寧に染み込ませ、深みのある色合いの革を作り出します。

今回のおすすめは、片側にマチのついた長財布です。洗練されたデザインがスーツにぴったりで、スーツのポケットに入れても邪魔にならないスマートモデルです。(参考定価38,880円)

COCO MEISTER(ココマイスター) ナポレオンカーフシリーズ

ココマイスターは「日本の職人がつくる心温まる革製品」をコンセプトに熟練職人を選定、細部まで手を抜かない、こだわりの「ものづくり」を信念として産み出される製品に定評があります。

最高級イタリア産オイルドヌバック(カーフ)を使用し、アンティークな風合いを楽しめます。(参考定価34,000円)
※参照元 ココマイスター : http://cocomeister.jp/store/g/g25014020/※

※商品価格は執筆当時のものです。

まとめ

国内ブランドも、海外ブランドもメーカーごとに素材や技術にこだわり、生産しているという点は共通であっても、世界に名の通ったハイブランドとなるとやはりネームバリュー代が高くついてしまう点は否めません。

元値が高いだけに、使用済みのハイブランドの財布を「中古品」としてブランドショップで下取りにして新たな品物に買い替えるという手段もありますが、あくまでもよい素材・よい品物をよりリーズナブルに手に入れることを前提とするならば、国内ブランドから挑戦してみるといいかもしれません。